救済所には過マンガン酸カリウムの匂いが漂っている

王茹的同学对她的失踪和杨絮的死并不避讳,我问这些问题的时候,几个学生七一嘴八一嘴跟我说着她俩的事儿。 这两个人在学校关系最好,不过在杨絮死之前的一段日子,俩人一有机会就出学校,很晚才回来,身上还一股难闻的味儿,那段时间杨絮的面色也不好。 我还想问些别的,一个男人走过来打断了谈话,笑脸问我有何贵干。 男人听到王茹的名字,若有所思,先是把学生支走,然后又带着我在学校里瞎逛。 我把刚才问学生的那些话,又问了他一遍,盛老师太极打的好,一通官话套话,半点有用的没说。 不过看得出来,他提到杨絮的时候,有些紧张。 我知道他对我已经有所防备,跟他寒暄了几句,就道了别。 我想在校园里找到孙老师,再问他一些情况,找了一圈没找到,反倒是身后多了个尾巴,那个姓盛的一直跟着,没办法,我只能先离开学校。 之后的两天,我总留心着盛冬青,觉得他身上有事儿。 他身上确实有点事儿,不过跟我想的不太一样。这段时间,他身上不离传单横幅之类的宣传品。 我跟踪盛冬青的时候,戴戴也没闲着。 她最近也在为杨絮的死四处调查,杨絮出事儿那天,全场就她和救济所的负责人最激动。 这段时间戴戴都是早出晚归,那天回来还带了一把木梳。 我一看这木梳有些眼熟,问戴戴是从哪儿弄来的。 戴戴说,这是那个救济所的人给她的。 戴戴对这事儿如此上心,八成是想起了自己在济良所的那些姐妹。 救济所的负责人叫韩姝,就是杨絮死时,给她念经超度的那个女人。 有一天我在街上跟踪盛冬青,刚拐过东单牌楼,碰到了戴戴和韩姝。 韩姝对戴戴十分友好,看到我,脸立马就拉下来了。 我还想上去做个自我介绍,韩姝很不耐烦地摆摆手,这意思是不想听我废话。 戴戴见气氛不对,赶忙拉着我要走,被韩姝叫住,她对戴戴说,“妹妹,你要小心,万一出什么事儿,记得找我。” 这话说得带着一股冷风刮进我耳朵里。 戴戴连声答应,拉着我赶忙离开。 离开韩姝,戴戴拉着我往女校方向走,她说有事情想请教孙老师。 我俩刚在校外小饭馆里喝了碗羊汤,一边去去身上寒气,一边等着孙宏兆。 羊汤,天冷的时候来上一碗,暖和 孙老师没等到,反倒看见盛冬青领着学生出了校门,浩浩荡荡往大街去了,我跟戴戴立刻跟上。 这帮学生们喊着口号,撒着传单,群情激昂地直奔繁华的大街。 女学生们边走边给四周人发传单,不断有其他学校学生来声援,还有人爬到一旁的脚手架上演讲,更有激进分子,以血代笔,说要唤醒还认不清现实的国人。

救済所には過マンガン酸カリウムの匂いが漂っている 热门话题

女の人は何度も謝って、身をかわして逃げ惑う人の群れの中に入って、つけて追いかけてきて私を支えて、私の手を組んだ時に私の手のかんざしを見て、「これは救済所の人がつけた櫛ではないか」と家に向かって急いでいる間に暗くなって、大通りにはほとんど人がいなくて、盛冬青の死体はとっくに警察に引きずられてしまった。道の血痕は何もなかったかのようにきれいになった。たまたま誰かが議論していたが、誰かが撃った銃を踏ませて死なせた学生も少なくないという。私と戴さんはまた近くの路地を何周かぶらぶらしていたが、王茹も救済所の人も見つからなかった。私は戴に聞いて、救済所はいったいどこで、誰が開いたのか。戴さんは韓さんという女性だと言った。「この姉たちは少しおかしいと思います。彼女は老夫婦や買春客に特に反感を持っています」。韓さんは救済所の責任者で、楊さんが死んだ時、戴さんと義憤を抱いて警察と対峙した女性が彼女だった。家に帰る途中、戴さんは私と韓さんの話をしてくれた。ここ数日彼女は韓さんのところにいて、あの女たちは簡単ではないと言っていた。韓さんは南方人で、10代で北京に売られ、陝西巷の茶室に売られた。その後は命がよかったので、商人に身を請けてもらい、売春宿を出た。間もなく、商人は病気にかかって死んだ。彼女は大きな財産を相続し、この救護所を開き、自分と同じ病気で哀れむ命の人を助けるために尽力した。彼女は売春宿から多くの姉妹を請け出し、良妻になった人もいれば、どうしたらいいか分からない人もいて、彼女の救済所でボランティアの手伝いをしていた。翌日、私はもう一度救護所に行くことにしました。この櫛から見れば、王茹は救護所の女性たちと関係があるに違いありません。この日は大雨が降っていて、やっと自転車でカササギの路地に駆けつけたが、救護所の門のシールは雨で濡れていた。私は折り畳みナイフを取り出して、シールを開けようとしたところ、シールの真ん中に細い隙間があり、シールはすでに引き裂かれていることが分かった。私はそっとドアを押したが、ドアはロックもラッチもなく、押すとすぐに開いた。救済所には過マンガン酸カリウムの匂いが漂っている。玄関は以前のようににぎやかではなく、壁の仏壇は空に運ばれ、壁には煙の跡が残っていた。通路に沿って奥に行くと、楊絮が死んだ部屋で、部屋のいくつかの桶とハンガーは、楊絮が死んだ日の状態を維持していて、ハンガーは地面に倒れて、2本の桶も倒れて、過マンガン酸カリウムが混じって血液の汚れはすでに干上がって、桶と白磁の床にくっついていた。お風呂用の樽この部屋にも小さな仏壇があり、外と同じようにここのも空いていました。私は足を軽くして、折り畳みナイフを取り出して、反対にナイフの取っ手を握って、ゆっくりと移動します。まだ最後の部屋の入り口まで歩いていないうちに、木の棒が私の肩に激突して、私の腕はしびれて、もう少しで折り畳みナイフを地面に投げつけるところだった。木の棒は再び振り上げて、私の頭のように落ちて、私は右に身をかわして、左手は木の棒を引っ張って力を入れると、小さな体が横のドアの穴から引きずり出されて、地面に落ちて、王茹です。私は急いで手を止めて、彼女を傷つけるのを恐れて、彼女のおかげで、もし大人になったら、さっきの棒は私の肩を直接たたいて砕いたかもしれません。王茹は怒って私を見て、私は盛冬青と同じものだと言った。


1c

发表评论

Copyright 2002-2022 by 北京璀璨科技有限公司(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.