この可能性は、存在すると思いますが、もちろんそれは必ず起こるわけではありません

当时对于究竟是哪路资金通过比利时这样大手笔购买美债,各种猜测都有,众说纷纭。所以,关于美债的国际资本流动,还是有很多猫腻在里面。比如,一直有一些小道消息传闻,我们除了公开在我们名下的美债之外,我们在欧洲也有一批不知道具体规模的美债,主要是通过英国和欧洲的一些清算系统来交易。 并且,还有一些小道消息传闻,早在去年,我们在欧洲的这些美债,就已经开始陆陆续续抛售。当然这只是小道消息,未经证实,具体情况如何,我们也不太清楚。所以,别看我们去年抛售美债规模并不算太大,但实际情况如何,我们就不得而知了。但至少可以肯定,今年我们连续6个月抛售美债,持有美债规模也跌破万亿美元这个重要关口,这已经说明,我们抛售美债的行为,已经是公开化了,并不需要什么遮掩。此外,美债市场每天交易量非常庞大,有买就有卖。 在进入5月份之后,美债过去两个月,一直在围绕着3%这个重要关口来回震荡拉锯。美国10年期国债收益率3%,我在3月份就跟大家分析过,这是过去十年的美债收益率天花板。所以在这个重要关口,大量国际资本都会进入其中,参与角逐。所以,在3月和4月的集体抛售潮后,美债市场进入5月,整体围绕着3%收益率来回震荡拉锯,可以看到,虽然当前抛售美债的资金非常庞大,但也意味着有一股与之相匹配的接盘资金在维持着美债市场不崩。美债市场参与资金是非常多元化。 当前抛售美债的,大都是以之前美债的持有者为主,基于美联储激进加息,导致美债大跌后,所自然做出的一种抛售选择。而接盘美债的,则是以一些新进资金为主,基于美联储激进加息,美债大跌后,有一些资金认为美债已经跌到头了,收益率已经见顶了,所以就进场抄底。这就好比一支股票,出现暴跌,在跌到半山腰的时候,仍然会有人抛售,也会有人进场抄底。 未来是未知的,你不回过头看,而在事情刚发生的时候,你也并不清楚当前是已经跌到谷底了,还是跌到半山腰。所以在金融市场里,市场的预期和判断永远是有分歧的,有人看涨,也会有人看跌,因为预期不一致,才会形成买卖交易。所以,简单说抛售美债的以存量资金为主,认为美债价格还没跌到位。

この可能性は、存在すると思いますが、もちろんそれは必ず起こるわけではありません 热门话题

接盘美债的,以增量资金为主,认为美债价格已经跌到位了,就进场抄底。除了这种基于美债涨跌预期来操作的资金,还有很多是基于其他各种原因去抛售和购买的资金。这里再简单说一下其中逻辑。在这次日元大幅贬值之前,日元作为避险货币,是依托于日本央行无限印钞,会支撑日债价格,所以虽然日债长期维持0利率,但仍然有大量国际热钱会购买,作为避险之用。 并且,很多日本的大资金,比如险资,会通过日本低利率环境,低息融资日元,然后兑换美元,去购买美债,这样就可以吃到日元和美元的利差,进行套利。而因为是套利,这些大资金把日元兑换成美元的同时,就需要下一些做多日元的期权进行汇率对冲。这样的日美利差套利模式,要成立是建立在几个前提:1,日元汇率要保持稳定,不能大幅贬值。 2,日债价格不能大跌,日本央行必须无限印钞兜底。但今年因为美联储激进加息,导致这两个前提都不复存在。日元汇率持续极大幅度贬值,而日债虽然有日本央行无限印钞兜底,但也一度跌熔断。这里出现一个恶性循环。只要抛售日债的资金越多,日本央行就要印更多的钱去给日债接盘,这会导致日元贬值压力越大,进而导致抛售日债资金越多。 这样一个恶性循环,在美联储结束激进加息之前,是很难被打破。这也是日本长期实行用安倍经济学包装的MMT货币理论,来无限印钞,进行债务货币化的强烈副作用。让日本央行已经沦为只能印钞,缺乏灵活货币调节空间的傀儡。总的来说,因为日元汇率大幅贬值,提高了日元汇率对冲的成本,才导致大量日本大资金选择抛售美债,回流日本。 这是日本资金抛售美债的一个逻辑。此外,接盘美债的资金,有一部分也是建立在美国满世界拱火,比如拱火俄乌冲突,导致欧洲地缘形势恶化后,有一部分国际避险资金回流美国。但这些回流美国的国际避险资金,并没有完全跑去买美债,一部分成为美国天量逆回购的一部分,一部分可能跑去抄底美股,一部分则才是抄底美债。 美联储当前的逆回购规模,仍然高达2.19万亿美元,也就是这么多的资金宁愿跑去借给美联储,也不愿意去买美债和买美股。当前美国金融市场早就已经乱套了,估计得等哪天美联储的天量逆回购归零恢复正常后,美国金融市场才有可能稍微恢复点正常。 所以,虽然美国满世界拱火,配合美联储激进加息,美元指数也确实出现大幅飙涨,有大量资金回流美国,但美债的走势跟美元指数并没有太强的相关性。 美债的问题

また、米債の大きな問題の1つは、金利の逆算の問題だ。米国の現在の2年-5年-10年債は、期間が長いほど収益率が低下していることがわかります。普通は、債券の期間が長くなればなるほど、収益率が高くなるのではないでしょうか。米債利回りの下落の成因については、前に詳しく分析したことがありますが、私のところは簡単で、通俗的な言い方をします。米債の異なる期限の利回りは、この期限内に金利がどの程度維持されるかを市場が考えていると見ることもできる。 例えば、現在の米債の2年間の収益率は3.16%で、基本的には市場が今後2年間、金利全体が3%の収益率以上を維持すると考えていることを意味している。実際、FRBは今年、金利を3%以上に引き上げる可能性が高い。FRBの最もタカ派の政策決定者ブラッド氏は最近、今年末にFRBが3.75%-4%まで利上げする可能性があるとさえ考えている。FRBが短期的に金利を急進的に引き上げるほど、短期債利回りの上昇幅が大きくなる可能性がある。これは短期的な金利見通しを意味するからだ。 しかし、10年債利回りは、FRBのこの1、2年以内の利上げだけでなく、10年後のFRBの金利水準がどの程度維持されるかを見なければならない。市場の一部の投資家は、今回のFRBの急激な利上げによって米国経済が衰退すると予想し始めているため、FRBは来年下半期に金利を下げて経済を再刺激すると考えている。このような予想経済は衰退し、金利を下げざるを得なくなり、長期債の利回り予想を市場が押し下げることになる。 はっきり言って、市場はFRBが今後10年ずっと3%以上の収益率を維持するとは思わない。これにより、現在の短期債券の収益率が長期債券の収益率よりはるかに大きくなり、債券の収益率が逆さまになることになります。だから、米債利回りが下落したことは、一般的には米国経済の衰退の「予兆」とされている。もちろん、これは米債利回り逆さまの解読の1つにすぎず、米債利回り逆さまについては資金面から説明することもできるが、これは私が以前単独で分析したことがあるので、ここでは説明しない。 地政学的影響 要するに、現在の米債10年物利回りが、過去2カ月間ずっと3%利回りという過去10年の天井に引っかかっているのは、市場の資金の大部分が根本的な原因であり、FRBが長期的に高金利状態を維持するとは思えず、一時的に急進的に金利を上げても、すぐに2年後に金利を下げて戻るだろう。 FRBは金利を上げないが、インフレはさらに深刻になるだろう。しかし、急進的な利上げは、現在の米国のインフレ問題が必ず解決できるという意味ではない。サプライチェーンの乱れと地政学的危機のその後の発展次第だからだ。現在の世界経済が1970年代のような世界経済危機に見舞われ、10年にわたるインフレの泥沼に陥っている場合、FRBは長期的な高金利状態に陥る可能性がある。 そうなれば、3%利回りは米国の10年債利回りの天井にならず、むしろ床になる可能性がある。この可能性は、存在すると思いますが、もちろんそれは必ず起こるわけではありません。ただ、可能性として、注意が必要です。

虽然过去这20年,世界已经习惯了长期低利率的宽松状态,但这不代表低利率就是天经地义的不可撼动存在。单纯从经济学角度来说,维持长期低利率,是符合各方利益的最大公约数和最优解。但问题在于,当前的百年之未有大变局,显然已经不能单纯从经济学角度来思考问题。 今年为何很多专业人士,在判断日元贬值,美债收益率都出现重大偏差。因为他们很多只习惯于从经济学,金融学的角度去思考问题,而忽略了当前国际政治博弈和地缘危机对经济和金融环境的重大影响。今年其实是政治经济学和地缘经济学,大放光彩的一年。


1d

发表评论

Copyright 2002-2022 by 北京璀璨科技有限公司(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.